魔王戦のルール

■魔王戦のルール
┣ ■計略デッキのルール
┗ ■ゲームルール

■魔王戦のルール

魔王戦3

対戦形式:1対チーム対抗戦
推奨参加人数:3人または4人

プレイヤーは「計略」で強化された1人の「魔王」と、2~3人のチームで対戦します。

■計略のルール

魔王戦では20枚以上の「計略」からなる「計略デッキ」を必要とします。計略デッキには同じ名前を持つカードは1枚までしか入れることはできません。
呪文を計略として計略デッキに入れることができます。その場合、そのカードのカードタイプは計略になります。
クリーチャーを計略として計略デッキに入れることができます。その場合、そのカードのカードタイプは計略になり、そのクリーチャーのコピーであるトークンを生成する能力を持ちます。

■ゲームルール

魔王が先行になり、先行プレイヤーも最初のターンにドローします。
魔王のゲーム開始時のシールド枚数は7枚です。チームのプレイヤーのゲーム開始時のシールド枚数は2人の場合は7枚ずつで、3人の場合は5枚ずつです。
チームのプレイヤーは「共有チーム・ターン」を用い、チームでターンを共有し、チームメイト同士は同時にステップを進行します。
チームのリソース(手札のカード、マナなど)は共有されません。
ゲームの開始時に、魔王は自分の計略デッキを切り直し、無作為の順番にして裏向きで統率領域に置きます。
魔王のメインステップが開始した直後に、魔王は計略デッキの一番上のカードをデッキから取り除いて表向きにします。この行動を「計略を実行中にする」と言い、計略の能力が誘発します。
計略が統率領域で表向きになり、待機していた誘発イベントを全て解決した時、その計略は裏向きになり、計略デッキの一番下に置かれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

変種ルール