【DMEDH】デッキ解説:白単ガーディアン

守護聖天タース・ケルケルヨ

皆さんには好きな種族やテーマはありますでしょうか。
カード同士の横や縦の繋がりというのは一種の様式美を見出すことができ、近年ではプッシュ種族やデザイナーズコンボによってより一層強調されています。
種族でDMEDHデッキを組むことは赤黒シーザーでも書きましたが、今回紹介するのは筆者の大好きな種族をテーマにしたDMEDHデッキです!是非ご覧ください

関連記事
DMEDHを始めよう!

目次
■デッキレシピ
■デッキについて
■カード解説
■最後に

■デッキレシピ

(携帯やスマートフォンでは正しく表示されません。PCでの閲覧を推奨します。)

『DMEDH 白単ガーディアン』
《 守護聖天タース・ケルケルヨ》(統率者)
《 時の革命 ミラダンテ》 《 獅子頂龍 ライオネル》
《 閃光の守護者ホーリー》 《 光神龍スペル・デル・フィン》
《 不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》 《 光牙王機ゼロカゲ》
《 護英雄 シール・ド・レイユ》 《 記憶の精霊龍 ソウルガルド》
《 龍覇 セイントローズ》 《 真・龍覇 ヘブンズロージア》
《 聖域の守護者フォボス・エレインγ》 《 雷鳴の守護者ミスト・リエス》
《 平和の守護者メ・フューサー》 《 光器ペトローバ》
《 空域の守護者ブインビー》 《 殉教の守護者メンコイコイ》
《 黙示聖者ファル・レーゼ》 《 幸運の守護者ヤラレ・タイラッキー》
《 天星の玉 ラ・クルスタ》 《 光牙忍ハヤブサマル》
《 神託の守護者ミント・シュバール》 《 慈愛の守護者マモリ・タイハッピー》
《 束縛の守護者ユッパール》 《 時空の守護者ジル・ワーカ》
《 曙の守護者パラ・オーレシス》 《 侵攻の守護者ガチャピンチ》
《 渓谷の守護者クレスタ》 《 黙示賢者ソルハバキ》
《 蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》 《 プリズン・スパーク》
《 アポカリプス・デイ》 《 大行進・スパーク》
《 ゲット・レディ》 《 バインド・EVOチャージャー》
《 パニッシュ・ホールド》 《 聖歌の聖堂ゾディアック》
《 デ・バウラ・チャージャー》 《 超次元ドラヴィタ・ホール》
《 パニック・ルーム》 《 スーパー・エターナル・スパーク》
《 グローリー・スノー》 《 フリーズ・チャージャー》
《 ダイヤモンド・ソード》 《 ロジック・キューブ》
《 ロジック・スパーク》 《 ヘブンズ・キューブ》
《 ウィザード・リザレクション》 《 トロワ・チャージャー》
《 ソーラー・チャージャー》 《 緊急再誕》
《 ペトリアル・フレーム》 《 リバース・アーマー》
《 無敵城 シルヴァー・グローリー》 《 Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》
《 墓地の守護者メガギョロン》 《 天頂秘伝ゼニス・レクイエム》
《 無情秘伝 LOVE×HATE》 《 トンギヌスの槍》
《 「無情」の極 シャングリラ》
超次元ゾーン
《 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック》
《 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》
《 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン》
《 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
《 真聖教会 エンドレス・へブン/真・天命王 ネバーエンド》
《 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン/天命讃華 ネバーラスト》
《 百獣槍 ジャベレオン/百獣聖堂 レオサイユ/頂天聖 レオザワルド》
《 太陽槍 ラヴェリテ/百夜境界 ブランノワール/日蝕の精霊龍 ソレイルノワール》

DM vaultハッシュ:858f308fba2779eec50b27039252f16b

■デッキについて
《守護聖天タース・ケルケルヨ》を統率者にしたガーディアンのDMEDHデッキです。
ガーディアンを守りながらcipを使いまわせる《守護聖天タース・ケルケルヨ》を中心に構成され、軽量ガーディアンで防御とアドバンテージ確保を行いながら盤面を作り、《「無情」の極 シャングリラ》をはじめとした大型クリーチャーで制圧します。

守護聖天タース・ケルケルヨ「無情」の極 シャングリラ

DMEDHにおける光文明は、《グローリー・スノー》によるマナブースト、《ゲット・レディ》によるドロー、《アポカリプス・デイ》による全体除去、《ダイヤモンド・ソード》によるSA生成と手広く行うことができ、それらの呪文を《ロジック・キューブ》の相互互換カード3枚によってサーチできるため、単色デッキとしては抜群の安定感と対応力を持ちます。
反面呪文ロックされた時のダメージが大きいため、《護英雄 シール・ド・レイユ》などの呪文以外での除去手段を用意しておく必要があります。
また、デッキ全体のカードパワーがお世辞にも高いとは言えないため、積極的にゲームを動かしてヘイトを上げるのではなく、ゲームの流れに乗りながら動くプレイングが要求されます。

ゲット・レディグローリー・スノー

■カード解説

《守護聖天タース・ケルケルヨ》

守護聖天タース・ケルケルヨ

統率者。
ガーディアンの進化クリーチャーで、アタックトリガーによる進化元の踏み倒しと、破壊されたガーディアンを進化元にする常在型能力を持ちます。
ブロッカーのガーディアンでプレイヤーや自身への殴り返しを防ぎ、破壊されても次のターンのアタックで復帰させることができるため、防御システムとしてはたらきます。
相手に高パワーのクリーチャーがタップされていれば、cip持ちのガーディアンで自爆特攻させて《守護聖天タース・ケルケルヨ》で救出、即座にアタックでバトルゾーンに復帰させてcipを使いまわす動きもできます。
《バインド・EVO・チャージャー》でマナの好きなクリーチャーを進化元に仕込んで踏み倒せるコンボは積極的に狙っていきます。


《時の革命 ミラダンテ》
全フリーズ。
全体除去が飛び交う多人数戦では除去耐性を持った場持ちのいいクリーチャーの使用率が高く、そういったクリーチャーに対応できるフリーズはDMEDHにおいて有用性の高い能力です。
また、フリーズで無力化できるのは通常ではフリーズしたターンを含めて3ターンですが、4人対戦だと他のプレイヤーのターン中もタップされているので5~8ターンと長い時間拘束でき、フリーズ自体が強化されているというのも採用を後押ししています。


《獅子頂龍 ライオネル》

獅子頂龍 ライオネル

除去耐性持ち大型システム。
色規制によりDMEDHでは単色以下のデッキにしか使うことができない、EDH白単デッキの特権といえるカードです。


《閃光の守護者ホーリー》
防御トリガー。
種族サポートを得られるので他のトリガーよりも優先して採用。


《光神龍スペル・デル・フィン》
呪文ロック&手札公開。
対戦相手全員のハンドを確認し、シノビの有無を確認して攻撃を組み立てたり、《 時の革命 ミラダンテ》《 「無情」の極 シャングリラ》と組み合わせて強力なロックを形成できます。


《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》

不敗英雄ヴァルハラ・グランデ

マナ武装により敗北しなくなります。
本体もブロッカー+cip2体フリーズなので使いどころは多く、《 ペトリアル・フレーム》で守りたいところ。
《 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》の踏み倒しにも対応。


《光牙王機ゼロカゲ》
《光牙忍ハヤブサマル》
防御シノビ。
めまぐるしく変化するバトルゾーンに比べて妨害されにくい防御手段であり、デッキの色が合えば優先的に採用されるカードです。
特に《光牙忍ハヤブサマルはガーディアンなので、このデッキでは《守護聖天タース・ケルケルヨ》で救出したり、《「無情」の極 シャングリラ》《墓地の守護者メガギョロン》で回収できるなどの種族サポートを受けることができます。


《護英雄 シール・ド・レイユ》
マナ武装による除去。
複数除去は貴重で、シールド送りなので再使用させにくいです。


《記憶の精霊龍 ソウルガルド》
カード除去トリガー。
厄介なクロスギアやフォートレスを除去できる数少ないカードです。


《龍覇 セイントローズ》
《真・龍覇 ヘブンズロージア》
ドラグナー。
《真聖教会 エンドレス・へブン》《 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》をメインに、状況に応じて《百獣聖堂 レオサイユ》《百夜境界 ブランノワール》も呼び出します。


《 聖域の守護者フォボス・エレインγ》
呪文サーチ。
ガーディアンなので《守護聖天タース・ケルケルヨ》でcipを使い回すことができ《 「無情」の極 シャングリラ》で墓地から回収できます。


《雷鳴の守護者ミスト・リエス》
多人数戦では大量ドローが見込める光単色におけるきわめて重要なドローソースであり、ガーディアンにはセイバーが多いのでしっかり守ってアドバンテージを稼ぎます。


《平和の守護者メ・フューサー》

平和の守護者 メ・フューサー

pigでそのターン中の攻撃を禁止します。
ワンショットに対しての抑止効果が見た目以上に高く、シールドが減ってくる終盤では優先的に立てたいカードです。


《光器ペトローバ》
ガーディアンを選択して4000パンプ。
《守護聖天タース・ケルケルヨ》を大型クリーチャーのラインである13000より大きくし、生存性を向上させます。


《空域の守護者ブインビー》
《守護聖天タース・ケルケルヨ》の進化元としては理想的なCip1ドローのブロッカー。
サイキックがバトルゾーンにいればパワー17000に。


《殉教の守護者メンコイコイ》
《侵攻の守護者ガチャピンチ》
ウルトラ・セイバー。
ガーディアンを除去から守り、自身が除去されるときは《守護聖天タース・ケルケルヨ》で救援できます。


《黙示聖者ファル・レーゼ》
cip呪文回収。《緊急再誕》で《 「無情」の極 シャングリラ》を踏み倒す時に役立ちます。


《幸運の守護者ヤラレ・タイラッキー》
pig呪文回収
即効性に欠けますが、相手ターンに刻一刻と変わる状況に合わせて回収する呪文を選べるのはcipにはない利点です。


《天星の玉 ラ・クルスタ》
《グローリー・スノー》のクリーチャー版。
呪文じゃないのでサーチが効きませんが、2マナブーストは貴重なので優先順位は高めです。


《神託の守護者ミント・シュバール》

神託の守護者ミント・シュバール

スリリング・スリーによる呪文回収。
上手くいけば複数の呪文を回収できるため、《 天頂秘伝ゼニス・レクイエム》《 無情秘伝 LOVE×HATE》といったアタック・チャンス呪文を回収しながら《緊急再誕》で《 「無情」の極 シャングリラ》を踏み倒す動きを狙えたりします。


《慈愛の守護者マモリ・タイハッピー》

慈愛の守護者マモリ・タイハッピー

ガーディアンにセイバー付与。
横に並べた状態で《アポカリプス・デイ》を始めとした全体破壊で壊滅することを防げます。


《束縛の守護者ユッパール》
cipフリーズ。
少ないマナでクリーチャーを無力化でき、《守護聖天タース・ケルケルヨ》で使いまわすこともできます。


《曙の守護者パラ・オーレシス》
パンプアップの軽量ブロッカー。
地味ながら火力除去や殴り合いに有効で、コストの割に活躍できます。


《時空の守護者ジル・ワーカ》
軽量ガーディアン。ブロッカーとpig2体タップで攻撃を抑止してくれます。


《渓谷の守護者クレスタ》

渓谷の守護者クレスタ

軽量・超パワーブロッカー。
多人数戦ならではのカードで、少しでも展開している場に放り込むとあっという間に2マナとは思えないパワーになります。
攻撃の抑止にも殴り返し要員としても役立ちます。


《黙示賢者ソルハバキ》
マナ回収。
カードタイプを選ばないマナ回収はこれだけなので使いどころは慎重に。


《 蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》
最軽量ガーディアン。
《グローリー・スノー》から7マナで一気に《守護聖天タース・ケルケルヨ》まで繋ぐことができます。


《プリズン・スパーク》

プリズン・スパーク

全体フリーズ。
相手の盤面に致命的な隙を作ることができ、特にタイマンになった時に無類の威力を発揮します。


《アポカリプス・デイ》
全体除去トリガー。
手軽にリセットを掛けることができるため、DMEDHにおける光文明の定番カードとなっています。


《大行進・スパーク》

大行進・スパーク

タップトリガー。
ガーディアン専用の効果もあり、《勝利のプリンプリン》を解除するのに使ったりします。


《ゲット・レディ》

ゲット・レディ

ドロー呪文。
長期戦になりやすく、参照できるプレイヤーが多いため、状況によっては光文明でありながら《サイバー・ブレイン》をも凌駕するドロー性能を誇ります。


《バインド・EVOチャージャー》

バインド・EVO・チャージャー

EVOチャージャー。
《守護聖天タース・ケルケルヨ》の下に大型クリーチャーを仕込んで踏み倒しを行うことができます。
自分に攻撃制限がかかるのに注意しましょう。


《パニック・ルーム》
除去トリガー。
回収しにくいシールド送りで、城やシールドフォースを狙い撃ちすることもできます。


《スーパー・エターナル・スパーク》
カード除去。
《「無情」の極 シャングリラ》が封印された時に封印を外せる唯一のカードでもあります。


《パニッシュ・ホールド》

パニッシュ・ホールド

S・バックによるタップ呪文。
《ロジック・キューブ》などの呪文サーチに防御トリガーの役割を与えることができます。
《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》などのエスケープとも好相性。


《聖歌の聖堂ゾディアック》
タップトリガー。
マナ武装により、フリーズトリガーになります。
《プリズン・スパーク》の2枚目として使えるほか、2マナ軽いのが魅力。


《 デ・バウラ・チャージャー》
《フリーズ・チャージャー》
《トロワ・チャージャー》
《ソーラー・チャージャー》
チャージャー。
《グローリー・スノー》《天星の玉 ラ・クルスタ》があるのでチャージャーの枚数は抑え目です。


《超次元ドラヴィタ・ホール》
超次元呪文。
主に《ロジック・キューブ》で特にサーチしたい呪文が見つからなかった時に手待ち用に持ってきます。


《グローリー・スノー》

グローリー・スノー

マナブースト。
《ロジック・キューブ》3種があるため持ってきやすく2ブーストして他のデッキの初動に追いつくことができます。
白単EDHや、緑抜きのEDHデッキの生命線とも言える最重要カードです。


《ダイヤモンド・ソード》
SA付与。
《ガンリキ・インディゴ・カイザー》を無力化することができ、終盤の攻め合いにおいてこのカードによる打点追加が勝負を分けることも多いです。


《ロジック・キューブ》
《ロジック・スパーク》
《ヘブンズ・キューブ》
呪文サーチ。序盤のマナブーストに《グローリー・スノー》、手札補充に《ゲット・レディ》、トリガー時の防御手段に《パニッシュ・ホールド》迷った時は《超次元ドラヴィタ・ホール》と本当に無駄がありません。
互換カードを3枚積むことによってデッキの動きが安定します。


《ウィザード・リザレクション》
マナ回収。
マナゾーンが全部呪文以外なら回収できないので稀に初動マナブーストとしても使用します。


《ペトリアル・フレーム》
アンタッチャブル付与。
《守護聖天タース・ケルケルヨ》をはじめとしたシステムクリーチャーの生存性を大幅に引き上げ、盤面を有利に展開できます。


《リバース・アーマー》

リバース・アーマー

エンド時にアンタップ。
かなり地味な効果ですが、相手に殴り先を作らせないのは見た目以上に有効で、ブロッカー持ちのクリーチャーでも遠慮なく攻撃に参加させることができます。
1マナとクロスしやすいのも強み。


《無敵城 シルヴァー・グローリー》
バトルに必ず勝てるようになります。
軽量ブロッカーがそれなりに入っているのでこれ1枚で盤面の形勢で一気に有利に立てることも。


《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》
エスケープ付与+シールド追加。
クリーチャーの生存性を上げつつ、《閃光の守護者ホーリー》《大行進・スパーク》といったS・トリガーを手札から仕込みます。


《墓地の守護者メガギョロン》
呪文回収。このデッキではガーディアン回収能力も結構使います。


《天頂秘伝ゼニス・レクイエム》

天頂秘伝ゼニス・レクイエム

ワールドブレイカー+《無限掌》
12マナ溜めてフィニッシュ呪文としてデッキの攻撃力の低さを補うほか、《「無情」の極 シャングリラ》でアタック・チャンスを使うことができます。
アタック・チャンスで唱えても、《「無情」の極 シャングリラ》以外のクリーチャーを強化できるので、《守護聖天タース・ケルケルヨ》などに付与してアタック・トリガーを連続で使用する、という使い方もできます。


《無情秘伝 LOVE×HATE》
リアニメイト。
進化クリーチャーを含むコスト無制限の蘇生であり、これも《「無情」の極 シャングリラ》で踏み倒すことができます。《獅子頂龍 ライオネル》が置換効果破壊やパワーマイナスで除去されてしまったのを復帰させたり、《光神龍スペル・デル・フィン》《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》といった強力な大型クリーチャーを蘇生しましょう。


《トンギヌスの槍》
万能除去。主にフォートレスやクロスギアなどの除去しにくいカードや、仕込まれたシールドに使用します。


《「無情」の極 シャングリラ》

「無情」の極 シャングリラ

ガーディアンデッキのゼニス。
超無限進化Ωにより墓地やマナから大量にガーディアンを回収し、除去持ちのSA3打点+攻撃制限と、攻防が1体となった本デッキ最強のクリーチャーです。
セイバー、ウルトラ・セイバー、《ペトリアル・フレーム》《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》といったサポートを全力で使用してバトルゾーンに維持しましょう。
たとえ除去されてもCipで呪文回収ができる《黙示聖者ファル・レーゼ》等を進化元にしておき、エターナルΩで回収しておくと、《黙示聖者ファル・レーゼ》→《緊急再誕》回収後唱える→《「無情」の極 シャングリラ》と7マナで復帰させることができます。
呪文回収クリーチャーは《天頂秘伝ゼニス・レクイエム》《無情秘伝 LOVE×HATE》といったアタック・チャンス呪文を回収して撃つこともできます。


《アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック》
《 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン》
《超次元ドラヴィタ・ホール》から出せるシステム。
それぞれ手札が欲しかったりリアニメイトしたいクリーチャーがいる時に使用。


《 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》
1度きりの除去耐性持ちクリーチャー。
特に出したいサイキックがない場合に消去法的に使われることが多いですが、《アポカリプス・デイ》などに巻き込まれた時に無駄にならないため、迷っときはこれを出しておけば間違いはありません。


《 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
擬似除去。
除去耐性持ちクリーチャーにも有効な万能カード。


《 真聖教会 エンドレス・へブン/真・天命王 ネバーエンド》
シールド追加システム。
クリーチャーが破壊されるたびにシールドが増えるため驚異的な粘りと手札補充ができるパワーカード(統率者が3色以上で禁止)。
龍解は相手プレイヤーの一人を選んで参照するので1人でも自分以上のシールド枚数のプレイヤーがいれば龍解しなくても済みます。


《 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン/天命讃華 ネバーラスト》
踏み倒しシステム。
ほぼ常にブロッカーが立つことになるのでこれも防御システムとしてプレイヤーの生存性を強く引き上げてくれます。
呪文のコスト上昇も多人数戦では広くはたらきます。


《百獣槍 ジャベレオン/百獣聖堂 レオサイユ/頂天聖 レオザワルド》
シールドの枚数が減ってきたときに使用。
《百獣聖堂 レオサイユ》はクリーチャーを守り、《頂天聖 レオザワルド》は終盤の攻防で打点になり、敗北回避効果で守りを兼ねます。


《太陽槍 ラヴェリテ/百夜境界 ブランノワール/日蝕の精霊龍 ソレイルノワール》

踏み倒しシステム。
《 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》だけでいいような気もしていますが、《ゲット・レディ》や《「無情」の極 シャングリラ》などで手札が余った時に有効に使うことができます。

■最後に
このデッキを組んだきっかけは、筆者が好きな種族であるガーディアンを使いたいというものでした。
DMEDHの魅力として、デッキを組むことができるコンセプトがとても多く、自分だけのこだわりを持ってデッキを組みやすいという点があります。
好きなカード、種族、テーマ、戦術とそれは様々です!
あなたも自分のこだわりをDEMDHで形にしてみませんか?


カテゴリ:DMEDH, デッキ解説