【DMEDH】デッキ解説:白青赤重呪文

甲型龍帝式 キリコ3
メルキスです。
今回は《インビンシブル・ナーフ》を具体的に使うデッキとして開発したDMEDHデッキを紹介します。
ナーフガンを撃たなくても、超大型呪文を取り扱う浪漫溢れるデッキとして使用できますので安心して(?)ご覧ください。

関連記事:
《インビンシブル・ナーフ》で遊ぼう!DMプレイヤー向けのナーフの解説とナーフガンのレビュー
DMEDHを始めよう!
DMEDHデッキ集

目次
■デッキレシピ
■デッキについて
■カード解説
■最後に

■デッキレシピ
VpYZbl3w2Q6ljh6D3bZr (2)

■デッキについて
インビンシブル・ナーフ
《インビンシブル・ナーフ》《にゃんこ砲発射!》といった超大型呪文を運用するDMEDHデッキです。
《甲型龍帝式 キリコ3》《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》といった踏み倒し能力持ちの進化ドラゴンを中心とした白青赤の3色デッキで、統率者には《その子供、可憐につき》を採用しています。

《甲型龍帝式 キリコ3》を呼ぶための手段として《ヒラメキ・プログラム》を採用しており、コスト7のクリーチャーを出す方法とドラゴンのサポートを兼ねてドレミ団の革命チェンジを利用しています。
《その子供、可憐につき》は革命チェンジをはじめ、《神託の王 ゴスペル》《真実の王 ワーグナー》といった呪文踏み倒し手段もサポートできるので、デッキのギミックと良く噛み合っています。

■カード解説

《その子供、可憐につき》

その子供、可憐につき
統率者。
ドラゴンをSAにして革命チェンジのサポートしつつ、タップインによる防御を兼ねます。


《甲型龍帝式 キリコ3》

甲型龍帝式 キリコ3
主力クリーチャー。
ランダム踏み倒しにより大型呪文を撃ちます。
《ヒラメキ・プログラム》でデッキから呼びましょう。
出した後は手札が無くなりますが、《クリスタル・メモリー》あたりを撃てると革命チェンジで手札に戻して再使用が狙えます。


《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》

聖竜ボルシャック・ウルフェウス
呪文踏み倒し。
こちらは手札から唱えます。


《インビンシブル・ナーフ》
インビンシブル・ナーフ
DSC_0065
DSC_0013_02
これを使うためにこのデッキを組んだと言っても過言ではありません。
《インビンシブル・ナーフ》で遊ぼう!DMプレイヤー向けのナーフの解説とナーフガンのレビューもどうぞ!


《ティラノ・リンク・ノヴァ》
《インビンシブル・フォートレス》
《アルティメット無法伝説》
《超銀河弾 HELL》
《侵略開始!!にゃんこ軍団/にゃんこ砲発射!》
《インビンシブル・オーラ》
《十極 ジョバンチュ/Genesis of Drillball》
《天頂秘伝ゼニス・レクイエム》
重呪文。
このデッキのコンセプトであり、各種踏み倒し手段で唱えます。
どれも派手な効果であり、遠慮なく撃ち込みましょう。


《時の秘術師 ミラクルスター》
《星光の旋律 ベルファーレ》
《大聖堂 ベルファーレ》
《天革の騎皇士 ミラクルスター》
革命チェンジドラゴン。
コスト7なので、《ヒラメキ・プログラム》で《甲型龍帝式 キリコ3》を出すことができます。
その関係で、《時の法皇 ミラダンテⅫ》のようなコスト8は不採用です。


《新星! ベルナーレ》
《青寂の精霊龍 カーネル》
《龍装者 タルスーパ》
トリガー持ち青ドラゴン。
《甲型龍帝式 キリコ3》の進化元や、革命チェンジ元のために意識して採用しています。


《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~》
《龍装艦 スペルエビート》
《龍装者 スペレート》
《青音の精霊龍 リンガール》
軽量青ドラゴン。
革命チェンジで使い回すためにcip持ちを優先しています。


《聖龍王機タイダリオン》
最軽量青ドラゴン。
アドバンテージを取れないので物足りないですが、全体的に重いデッキなので軽い進化元が欲しい場面が思ったよりも多くて採用しました。
3コストには《タイム3 シド》もいますが、除去の的になりやすいのでこちらに。


《神託の王 ゴスペル》
《真実の王 ワーグナー》

神託の王 ゴスペル真実の王 ワーグナー

青くてかっこい呪文踏み倒し大型ドラゴン。
《その子供、可憐につき》や《レッド・マジック》との併用が前提となります。


《ν・龍覇 メタルアベンジャー R》
ドラグナー。
主に《龍波動空母 エビデゴラス》で、墓地が多ければ《龍脈空船 トンナンシャーペ》を使います。
《龍素記号nb ライプニッツ》を出して《ヒラメキ・プログラム》というプランも。


《龍素記号Og アマテ・ラジアル》
主に《ヒラメキ・プログラム》をデッキから、踏み倒し、自身を破壊して《甲型龍帝式 キリコ3》を呼びます。


《龍素記号 Mm スペルサイケデリカ》

龍素記号Mm スペルサイケデリカ
呪文踏み倒しシステム。
相手依存のため大型呪文はなかなか唱えられませんが、不利な状況の相手に選ばせると強い呪文を撃たせてもらえやすいです。


《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》
シールド回復。
使い終わったら進化や革命チェンジ元になります。


《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》
《クリスタル・メモリー》
サーチ。
《甲型龍帝式 キリコ3》で唱えた時は、《時の秘術師 ミラクルスター》などの革命チェンジ持ちをサーチします。


《ヒラメキ・プログラム》

ヒラメキ・プログラム
《甲型龍帝式 キリコ3》踏み倒すキーカード。
サーチカードなどを使い、最優先で使用します。
他のコストについては調整していないので、半ランダム踏み倒しとなります。


《Dの機関 オール・フォー・ワン》
cip倍増&踏み倒し。
《甲型龍帝式 キリコ3》の能力を2回使ったり、革命チェンジしたドラゴンをリリースして殴り返しを防ぎます。


《炎晶バクレツ弾》
マナ回収は《黙示賢者ソルハバキ》等もありますが、序盤で引いたら赤マナになるこちらを採用


《真実の王 ヴィオラ・ソナタ》
破壊&リアニメイト
呪文ロックに対抗できる数少ない手段です。
《神託の王 ゴスペル》《真実の王 ワーグナー》あたり釣り上げられるとお得。


《運命》
ドロー&ドラゴン踏み倒し。
《サイバー・ブレイン》を入れるなら…ということで採用。
《甲型龍帝式 キリコ3》で踏み倒せると無くなった手札を補充しつつドラゴンを展開できるので嬉しいです。


《無情秘伝 LOVE×HATE》
リアニメイト。
進化クリーチャーにも対応するので、墓地に落ちた《甲型龍帝式 キリコ3》の再使用が狙えます。


《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》
呪文回収or全体SA化。
どちらもこのデッキでは欲しい場面が多く、便利な1枚です。


《♪我らの正義が後れをとるなどと思うな!》
GR召喚呪文。
クリーチャーが横に並びにくいデッキなので大量のGR召喚が期待できます。
GRクリーチャーの半数は除去能力持ちを選択しているので、並んでいる相手のクリーチャーを処理していきましょう。


《緊急再誕》
非常に便利な汎用踏み倒し。
進化クリーチャー対応で、これから《甲型龍帝式 キリコ3》を出すこともそこそこあります。


《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》
《天星の玉 ラ・クルスタ》
《緑知銀 イーアル》
《グローリー・スノー》
4マナ2ブースト呪文。
チャージャーと合わせてマナブーストは9枠割いています。
こちらを使う場合は3ターン目は統率者の《その子供、可憐につき》を出します。


《地の学び 至脚》
《栄光の翼 バロンアルデ》
《ケンザン・チャージャー》
《ソーラー・チャージャー》
3コストブースト。
《甲型龍帝式 キリコ3》で撃ちたくないので半数はクリーチャーです。
コスト5のドラゴンに繋ぐために3マナのものを採用していますが、《その子供、可憐につき》を必ず3ターン目に出す前提なら4マナチャージャーにするのもいいと思います。


《Black Lotus》
コスト軽減。
緑を含まず、重いカードが主力になるようなデッキでは有用なカードで、これのおかげで届かないものに届いたゲームもあります。


《龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.+》
《甲型龍帝式 キリコ3》によるハンドロスを補いつつ、龍解できれば青いコスト7のドラゴンになります。


《亜空艦 ダイスーシドラ》
墓地からの呪文踏み倒し。
重呪文の再使用を狙います。


■最後に
火の大型呪文、水のドラゴン、光の革命チェンジの欲張りセットを最新の統率者で纏めたDMEDHデッキでした。
使っていて楽しいデッキですので、是非お勧めです。


カテゴリ:DMEDH, デッキ解説