次元戦のルール

■次元戦のルール

次元戦

対戦形式:無差別戦
推奨参加人数:2~6人

「次元戦」変種ルールにおいて、次元と現象はさらなる能力と無作為性をゲームに導入します。

通常のゲームの物品に加えて、次元や現象からなる次元デッキを1つ準備しなければなりません。また、ゲームの進行には次元ダイスが1つ必要です。
次元ダイスは6面体のサイコロです。1つの面にはP・シンボルが、他の1つの面にはC・シンボルが記されています。他の面は何も記されていません。

次元デッキのカード枚数は10枚以上40枚以下です。次元デッキの次元4枚につき現象を1枚入れることができます。次元デッキには同名のカードが2枚以上入れることができません。
D2フィールドを次元の代わりに次元デッキに入れることができます。その場合、そのD2フィールドのカードタイプは次元として扱われます。
呪文を現象の代わりに次元デッキに入れることができます。その場合、その呪文のカードタイプは現象として扱われます。

ゲームの開始時に、各プレイヤーは次元デッキを切り直し、テーブルの中央に裏向きで置きます。ゲームの間を通して、次元や現象は次元デッキの中にあるときも表向きであるときも統率領域にあり続けます。
すべてのプレイヤーが最初の手札を確定させた後、開始プレイヤーは次元が出るまで次元デッキの一番上のカードを表向きにし、それ以外のカードを裏向きにして次元デッキの一番下に置きます。

表向きの次元の常在型能力と、誘発能力の誘発条件はすべてのプレイヤーが共有し、それ以外の能力はターンプレイヤーがコントロールします。

ターンプレイヤーはメインステップ中、そのターン中に次元ダイスを回した回数のコストを支払うことで次元ダイスを回すことができます。
次元ダイスの目がP・シンボルの場合、ぞの次元を裏向きにして次元デッキの1番下に置き、次元デッキの次の1番上のカードを表向きにします。
次元ダイスの目がC・シンボルの場合、次元の持つ「あなたが{C}を出したとき」という能力が誘発します。D2フィールドが次元となっている場合、Dスイッチの「このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、」に続く効果が即座に誘発します。
次元ダイスの目が無地の場合、何も起こりません。

現象が次元デッキの一番上で表向きになった場合、その現象の効果が誘発した後、次元デッキの1番下に置き、次元デッキの次の1番上のカードを表向きにします。

変種ルール