【DMEDH】仮想超GRを使用した超GRゾーンの管理の仕方の紹介

DSC_0086_01

メルキスです。
GRクリーチャーもGR召喚カードも汎用性が高いものが増えてきて、DMEDHでも超GRを使う機会が増えてきました。
しかし超GRを使う上でのネックに、「ゲーム前に準備するのが面倒」というものがあります。
DMEDHはGRもハイランダーなのでデッキ1個につき12種類のGRを用意する必要があり、また複数のデッキを所持していると事前に準備するにも時間がかかります。
そこで今回は、ゲーム前のGRを用意する手間を提言する方法をご紹介します。

関連記事:変種ルールで遊ぶ人向けのサプライ紹介

続きを読む


カテゴリ:DMEDH, ノウハウ共有
カテゴリ:DMEDH, ルール解説

【DMEDH・多人数戦】ルール&規制リスト更新:2019/10/27

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

19/10/27
《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》《ガンマスター・超天・マキシマム》を禁止カードに
《超神羅ギャラクシー・デスティニー》を2色以上で禁止に
《生命と大地と轟破の決断》を3色以上で禁止に
《D2J ジェルヴィス》の統率者禁止を解除

関連
質問 《マッド・デーモン閣下》をバトルゾーンに出したターンに、《マッド・デーモン閣下》の呪文面である《デーモン・ハンド》を唱えることはできますか?
回答 できません。
できます。
関連
質問 ツインパクトカードでない方の《デーモン・ハンド》を唱えたターンに、《マッド・デーモン閣下》の呪文面である《デーモン・ハンド》を唱えることはできますか?
回答 できます。
できません。
関連
質問 《終葬 5.S.D》の効果で、《Q.Q.Q.X》をバトルゾーンに出すことはできますか?
回答 できません。
できます。

DMEDHのルールはこちら
DMEDHのFAQ集はこちら

多人数戦ルールにおいて、以下の変更を行いました。

関連 《復讐のバイス・カイザーZ》
質問 《復讐のバイス・カイザーZ》のコスト軽減能力は全ての相手プレイヤーの墓地の枚数を参照しますか?
回答 できます。
できません。
相手プレイヤー1人を参照します。
関連 《ZEROハンド》
質問 Aのターンの終わりに唱えたこのカードでBのクリーチャーを破壊できますか?
回答 できません。
誘発したターンのターンプレイヤーのクリーチャーが対象になります。

できます。
呪文を唱えるための参照条件と、呪文能力の対象は振り分けることができます。

多人数戦のルール・解釈のまとめはこちら

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。


カテゴリ:DMEDH, お知らせ

デッキ解説:白青黒赤パックデリート&パックを開封しない遊び方紹介

メルキスです。
今回はパックをふんだんに使用した楽しいデッキの現行版と、パックを開封せずに気軽に遊ぶ方法を紹介します。

関連記事:
《Spread Joy to the World!/デュエ友こぞりて》視点での強いパックは?
《DECKY THE HALL/ファラララ ラ~ラ ラララ♪》について&デッキ解説:白青黒赤パックデリート
セット固定パック封入率

目次
■デッキレシピ
■仮想パックを使用した遊び方

続きを読む


カテゴリ:デッキ解説, 非公式フォーマット
カテゴリ:DMEDH, イベント

【DMEDH】規制リスト更新:2019/9/23

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

19/9/23
《BAKUOOON・ミッツァイル》を禁止カードに
《カエルB ジャック》を3色以上で禁止に

DMEDHのルールはこちら

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。


カテゴリ:DMEDH, お知らせ
カテゴリ:DMEDH, イベント, お知らせ

【DMEDH】ルール&規制リスト更新:2019/7/28

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

19/7/28
以下のルールを変更しました

統率領域にある統率者は、自分のターン中であればコストを支払うことでバトルゾーンに召喚できます。

統率領域にある統率者は、自分のメインステップ中であればコストを支払うことでバトルゾーンに召喚できます。

《リュウセイ・天下五剣カイザー》《爆銀王剣 バトガイ刃斗/爆熱王DX バトガイ銀河》を禁止カードに
《生魂転霊》《龍装者 ジスタジオ》《完全不明》《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》を2色以上で禁止から禁止カードに
《ハリケーン・クロウラー》を3色以上で禁止から禁止カードに
《終末の監視者 ジ・ウォッチ》を3色以上で禁止に
《天災 デドダム》《悪魔妖精ベラドンナ》を統率者禁止に
《時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ》の統率者禁止を解除

DMEDHのルールはこちら

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。


カテゴリ:DMEDH, お知らせ

【イベント結果】DMGP8thユーザー出展 DMEDH対戦会

eye_01

GP8thパンフレット文言

メルキスです。
4/13,14のDMGP8thのユーザー出展にて開催したDMEDHのフリー対戦及びティーチングの結果について、簡単にですが報告させていただきます。

関連記事:
【開催告知】DMGP8thユーザー出展 DMEDH対戦会
「デュエル・マスターズ グランプリ 8th」をレポート。2つのフォーマットで行われた史上初のダブルGP

続きを読む


カテゴリ:DMEDH, イベント, ノウハウ共有
カテゴリ:DMEDH, イベント, お知らせ

変種ルール