【カジュアルイベント運営ルール】ルール更新:2017/10/29

カジュアルイベント運営ルールにおいて、以下の更新を行いました。

■変更点(2017/10/29)
以下の項目を追加しました。

4.13 無地カード(EX01 B1/B2)
発売されているクリーチャーのカード名、マナコスト、パワーを記入することにより、構築ルール・ゲーム中ともにそのクリーチャーの持つ特性と同じ特性とすることができる。
文明を持つクリーチャーを指定する場合、コストとマナシンボルの背景にそのクリーチャーが持つ文明がわかるように色を塗らなければならない。
サイキック、ドラグハート、禁断、ジョーカーズのクリーチャーは指定できない。
ゲーム及びマッチ中にカード名を書き換えることはできない。
デッキリストの変更が認められない一連のイベントにおいて、ゲーム及びマッチの間にカード名を書き換えることはできない。

以下の項目を変更しました。

4.12《ジョーカード》
■変更前
発売されているジョーカーズのクリーチャーのカード名を書くことにより、構築ルール・ゲーム中ともにそのジョーカーズ・クリーチャーの持つ特性と同じ特性とすることができる。
カード名を書くことができるクリーチャーは1体までとする。
ゲーム及びマッチ中にカード名を書き換えることはできない。
デッキリストの変更が認められない一連のイベントにおいて、ゲーム及びマッチの間にカード名を書き換えることはできない。

■変更後
発売されているジョーカーズのクリーチャーのカード名、マナコスト、パワーを記入することにより、構築ルール・ゲーム中ともにそのジョーカーズ・クリーチャーの持つ特性と同じ特性とすることができる。
カード名を書くことができるクリーチャーは1体までとする。
文明を持つジョーカーズ・クリーチャーを指定する場合、コストとマナシンボルの背景にそのクリーチャーが持つ文明がわかるように色を塗らなければならない。

ゲーム及びマッチ中にカード名を書き換えることはできない。
デッキリストの変更が認められない一連のイベントにおいて、ゲーム及びマッチの間にカード名を書き換えることはできない。

カジュアルイベント運営ルールはこちら


カテゴリ:お知らせ, 非公式フォーマット

【非公式変種ゲームルール】ルール更新:2017/10/29

非公式変種ゲームルールにおいて、以下の更新を行いました。

■変更点(2017/10/29)
以下の項目を追加しました。
100.ゲームに必要なもの
100.2 (総合ルール100.2a). 《Forbidden Star ~世界最後の日~》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》はデッキに入れてもデッキ枚数には数えられません。
ただし、デッキに入れる場合は適正な5枚1組で入れなければなりません。

610.「タワーデュエル」変種ルール
610.8 プレイヤーが敗北した場合、そのプレイヤーのコントロールしているカード、手札シールドゾーンのカードを全て裏向きでシャッフルし、公共デッキの下に置きます。

701.「DMEDH」変種ルール
701.4g 《Forbidden Star ~世界最後の日~》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》はデッキに入れてもデッキ枚数には数えられません。
ただし、デッキに入れられるのは適正な5枚1組だけで、その文明のすべてがデッキの統率者の文明に含まれていないといけません。

非公式変種ゲームルールはこちら


カテゴリ:お知らせ, 変種ルール
カテゴリ:DMEDH, お知らせ

【タワーデュエル】デッキ解説:デス・クルーザータワー

デスクルーザー

《殺戮の羅刹デス・クルーザー》というカードがあります。
5弾のSRでイラストがとてもかっこよく、1度は使ってみたいと思った方もいるんじゃないかなと思います。
しかしながらテキストを読んでみると自分の他のクリーチャー全てを犠牲にしてしまうデメリット・クリーチャーでした。

今回はそんな《殺戮の羅刹デス・クルーザー》を主人公とし、最大限にこのカードを活かした「デス・クルーザータワー」の紹介です!

関連記事:【ルール紹介】「タワーデュエル」の解説

目次
■デッキレシピ
■タワーデュエルって?
■デッキについて
■カード解説
■最後に

続きを読む


カテゴリ:タワー・デュエル, デッキ解説

【ルール紹介】「タワーデュエル」の解説

タワーデュエル

皆さんは「タワーデュエル」を知っていますか?
その名の通り、「タワー」と言う大きなデッキを使って対戦するルールです。
どちらかと言えば知らないという方が多いと思いますが、この記事を通して「タワーデュエル」を知ってもらうと同時に興味を持っていただければと思い紹介記事を書いていきます!

目次
■タワーデュエルのルール
■タワーデュエルってなに?
■ルール解説
■最後に

続きを読む


カテゴリ:タワー・デュエル, ルール解説

【DMEDH】規制リスト更新:2017/9/23

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

17/9/23
《邪眼皇アレクサンドルIII世》《ガロウズ・極楽・カイザー》《幻獣妖精ユキゴン》を禁止カードに
《ラトリエ・ロブション》を2色以上で禁止に
《魔龍バベルギヌス》&《グスタフ・アルブサール》をコンビ禁止に
《龍素知新》を禁止カードから無制限に

DMEDHのルールはこちら


カテゴリ:DMEDH, お知らせ

【非公式変種ゲームルール】ルール更新:2017/9/23

非公式変種ゲームルールにおいて、以下の更新を行いました。

■変更点(2017/09/23)
以下の項目を追加しました。
001.変種ルールの法則
001.2.変種ルールがカードの効果によるイベントを置換したとき、そのイベントがカードの効果によって既に置換されていたものであっても、変種ルールによるイベントの置換が優先されます。その置換されたイベントはカードの効果によって置換されません。

以下の項目を変更しました。
600.多人数戦の総則
■変更前
600.6. 攻撃クリーチャー指定ステップの攻撃クリーチャー決定から攻撃終了ステップまでの間、ターン・プレイヤーは攻撃プレイヤーとなります。攻撃される非ターン・プレイヤーは防御プレイヤーとなります。
■変更後
600.6. 攻撃クリーチャー指定ステップの攻撃対象決定から攻撃終了ステップの終わりまでの間、ターン・プレイヤーは攻撃プレイヤーとなります。攻撃される非ターン・プレイヤーは防御プレイヤーとなります。

608. 「双頭戦」変種ルール
■変更前
608.8a攻撃クリーチャー指定ステップの攻撃クリーチャー決定から攻撃終了ステップまでの間、ターン・チームは攻撃チームとなり、ターン・チームの各プレイヤーは攻撃プレイヤーとなります。同様に、非ターン・チームは防御チームとなり、そのプレイヤーは防御プレイヤーとなります。
■変更後
608.8a攻撃クリーチャー指定ステップの攻撃対象決定から攻撃終了ステップまでの間、ターン・チームは攻撃チームとなり、ターン・チームの各プレイヤーは攻撃プレイヤーとなります。同様に、非ターン・チームは防御チームとなり、そのプレイヤーは防御プレイヤーとなります。

非公式変種ゲームルールはこちら


カテゴリ:お知らせ, 変種ルール
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説

【DMEDH】規制リスト更新:2017/8/12

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

17/8/12
《天罪堕将 アルカクラウン》を4色以上で禁止に
《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ》を禁止カードから無制限に
《ドギラゴン・フォーエバー》を3色以上で禁止から無制限に
《電磁鎧虫アナリス》を統率者禁止に

DMEDHのルールはこちら


カテゴリ:DMEDH, お知らせ
カテゴリ:ルール解説, 変種ルール

変種ルール