カテゴリー別アーカイブ: DMEDH

【DMEDH】ルール&規制リスト更新:2018/8/15

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

18/8/15
以下のルールを変更しました

デッキに4枚より多く入れることができる能力を持つカードを除き、プレイヤーは自身が同じターン中にバトルゾーンに出したクリーチャーと同じ名前のクリーチャーをバトルゾーンに出すことはできません。
プレイヤーは自身が同じターン中に唱えた呪文と同じ名前の呪文を唱えることはできません。

デッキに4枚より多く入れることができる能力を持つカードを除き、プレイヤーは自身が同じターン中に使ったりバトルゾーンに出したカードと同じ名前のカードを使ったりバトルゾーンに出すことはできません。

《アイアン・マンハッタン》を禁止カードに
《宿命のドギラゴン銀刃》《煌く聖壁 灰瞳》を4色以上で禁止に

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。

■画像版
DMEDH規制リスト180815


カテゴリ:DMEDH, お知らせ

【開催告知】第12回DM静岡CSサイドイベント DMEDHミニ選手権&対戦・ティーチング会

18/8/14 イベント時限定の禁止カードを追加

image

8/25,26の第12回静岡CSのサイドイベントにて、
1日目にDMEDHのミニ大会とを、両日にフライト式フリー対戦及びティーチングを開催します。よろしくお願いします。

目次
■DMEDHミニ選手権 from DM:Akashic Record
■DMEDH対戦会 from DM:Akashic Record
■最後に

続きを読む


カテゴリ:DMEDH, イベント, お知らせ

【DMEDH・オレ統率】デッキ解説:白青ブルー・メルキス 

「自分の名前統率」「オレ統率」という、自分のHNや自身にまつわるクリーチャーを統率者にしてデッキを組む試みが話題になっています。
統率者はプレイヤーと共に戦う分身とも言える存在であり、ロールプレイはDMEDHのゲームプレイをより一層楽しいものにしてくれます。
また、構築においても唯一無二のデッキ構築になり、自分が組むからこそ意義が出るような個性的なデッキ作りをすることができます。
今回はそんなDMEDHデッキです。

関連記事:
DMEDHを始めよう!
DMEDHデッキ集

目次
■デッキレシピ
■デッキについて
■カード解説
■最後に

続きを読む


カテゴリ:DMEDH, デッキ解説

【DMEDH】ショップ向けおすすめカードリスト

関連記事:
DMEDHを始めよう!
DMEDHデッキ集

目次
■リストの考え方
■カードリスト(販売のみ向け)
■カードリスト(買取・販売向け)
■カード解説
■最後に

DMEDHの盛んな地域のショップでは、DMEDHで使用されるカードの買取や販売が行われています。
通常では殆ど使わないカードがDMEDHでは需要があることは珍しくなく、そういったカードは手に入れるのが意外と手間だったりするので、こういった試みはDMEDHにとって貴重なインフラとなっています。
またショップにとっても普段使われていない≒あまり売れないカードが売れることになるため、機能すればプレイヤーとショップ双方にメリットがあると言えます。

本記事はカードショップ向けの、DMEDHにおいて需要が見込めそうなカードのリストになります。
DMEDHのカードを取り扱っているショップ、これから扱うことを検討しているショップにとって役立てることができます。

続きを読む


カテゴリ:DMEDH, カード解説, ノウハウ共有

【DMEDH】デッキ解説:白青緑オットードッコイ

オットードッコイ

DMEDHでは、リンクした状態のゴッドをゴッド統率者として統率者に指定することが出来ます。
今回紹介する《オットードッコイ》は11マナの光水自然の3色を持つ統率者となります。

ゴッド統率者の特徴として、召喚酔いをしないこと、本来リンク時に得る効果は元々持っているものとして扱うこと、各種ゴッドサポートを受けることが出来ること、などがあります。

さて、今回は統率者の《オットードッコイ》を軸にし、色からは想像出来ない攻撃的なデッキの紹介です。

目次
■デッキレシピ
■デッキについて
■カード解説
■最後に

続きを読む


カテゴリ:DMEDH, デッキ解説
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説

【DMEDH】規制リスト更新:2018/7/1

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。

18/7/1
《百発人形マグナム》《ドルツヴァイ・アステリオ》を禁止カードに
《龍装者 ジスタジオ》を2色以上で禁止に
《スナフ・マッシュルーム》を2色以上で禁止から3色以上で禁止に
《ソウル・アドバンテージ》《邪眼将デス・ロマノフⅤ世》《強欲の開拓》《天動の化身》を3色以上で禁止から無制限に

DMEDHのルールはこちら

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。

■画像版
DMEDH規制リスト180701


カテゴリ:DMEDH, お知らせ
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説