メルキス のすべての投稿


カテゴリ:DMEDH, イベント, お知らせ
カテゴリ:DMEDH, お知らせ

【非公式変種ゲームルール】ルール更新:2019/3/3

非公式変種ゲームルールにおいて、以下の更新を行いました。

■デュエル・マスターズ非公式変種ルール Ver.1.4.3 (PDF形式)

■変更点(2019/03/03)
以下の項目を追加しました。
701.「DMEDH」変種ルール
701.3b. カードタイプに超次元、禁断、GRを持つクリーチャーは統率者に指定できません。
701.4c デッキとは別に超GR用として12枚の追加カードを使用することができます。ただし使用する場合は12枚ちょうどでなければなりません。
超GRに入れることができるカードは、統率者の固有色に関わらず、超GRに入れることができます。

以下の項目を削除しました。
701.「DMEDH」変種ルール
701.20.サイキック・クリーチャー、サイキック・スーパー・クリーチャー、またはドラグハート・クリーチャーを超次元統率者として統率者に指定することができます。
701.20a超次元統率者のカードタイプは「サイキック」「ドラグハート」の特殊タイプを持たないものとして扱います。
701.20b超次元コストを召喚コストとして扱います。
701.20c両面がセルでないクリーチャーの超次元統率者は、バトルゾーン以外にあるときはそれぞれ両方の面の文明、コスト、パワー、能力などの特性を持ちます。
例: 統率者に指定された《時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》は、光と水のクリーチャーである。統率領域にある時、《時空の英雄アンタッチャブル》と《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》の好きな面を召喚することができる。
701.20d両面がセルでないクリーチャーの超次元統率者が統率領域、バトルゾーン、墓地、手札以外のゾーンにあれば、統率領域に置きます。これは状況起因処理です。
701.20eドラグハート・クリーチャーの超次元統率者を、ウェポンやフォートレス側に裏返すことはできません。
701.21.複数のセルから構成されるクリーチャーの超次元統率者は、構築ルール、ゲーム中ともに1枚の片面のカードとして扱います。
701.21a統率者に指定された面のみの名前、能力、文明などの特性を持ち、指定されなかった面のカードの特性は持たないものとして扱います。
701.21bいかなる場合もカードの効果でリンクを外したり裏返したりすることはできません。
701.21c複数のセルから構成されるクリーチャーの超次元統率者の覚醒リンク、龍解した時の能力は、バトルゾーンに出した時の能力として扱います。
701.21dサイキック・スーパー・クリーチャーの超次元統率者をバトルゾーンに出したとき、そのクリーチャーは召喚酔いしません。
701.21eバトルゾーンからバトルゾーン以外のゾーンに移動し、統率領域に戻さなかった場合、その超次元統率者に含まれるカードを1枚選び移動した場所に置き、それ以外を統率領域に置きます。このとき、離れた方のカードを超次元統率者と見なします。

非公式変種ゲームルールはこちら


カテゴリ:DMEDH, お知らせ, 変種ルール

【DMEDH】規制リスト更新:2019/2/5

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。
19/2/5
《悪魔神バロム/バロム砲》《B-暴 “砲台”ストロンガ/絶対無敵シールド》《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》を禁止カードに
《追憶人形ラビリピト》3色以上で禁止から禁止カードに
《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》を2色以上で禁止に
《ハリケーン・クロウラー》を禁止カードから3色以上で禁止に
《極まる侵略 G.O.D.》&《God of Dream/Grenade of D-moll》をコンビ禁止に
《暴龍事変 ガイグレン》を統率者禁止に

DMEDHのルールはこちら

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。


カテゴリ:DMEDH, お知らせ

デュエルレジェンド(DUEL LEGEND,듀얼 레전드)について&韓国語版対応表作成

DSC_6415

韓国で販売されたデュエルマスターズであるデュエルレジェンド(DUEL LEGEND,듀얼 레전드)のカード名の対応表であるデュエルレジェンド対応表を作成しました。
DMEDHなどのカジュアルイベントルール適用ゲームにおいて、対応するデュエルマスターズのカードとして使用することができます。

今回はそんなデュエルレジェンドについての記事となります。

続きを読む


カテゴリ:海外版, 非公式フォーマット

【お知らせ】統率者文明別で規制カードを表示できるようになりました

都宮メトロポリス都宮さんのご協力により、統率者文明別規制カード検索をDMEDHのルールページに移設しました。

DMEDHの規制カードはカードプールの増加に伴い増加傾向にあり、ルール改定などによって常に減らす努力をしていますが、それでもリストの長さはデッキ構築時のハードルになっています。
しかしDMEDHは統率者がデッキの色を決定し、統率者の文明数で規制カードが増えるので、統率者が決まっているならその文明に関係する規制カードを確認するだけでよく、そうすると5色以外では確認するリストは意外と短いのです。
文明別規制カード検索は統率者の色に応じた規制カードのみを表示するので、デッキ構築時の規制リスト確認作業を省力化することができます。

【統率者文明別】DMEDH規制カードリスト
統率者の文明を入力することでそのデッキの規制カードを検索することができます。



規制推奨カードリスト【画像版】

▽統率者の文明を選択してください▽

【使い方】
・統率者の文明に含まれるボタンをクリックします(クリックするとボタンの色が変わります)。選択するとそれに応じた規制カードの画像が表示されます。
・選択を解除したい場合もう一度クリックします。
・ゼロ文明を選択するとそれ以外の文明の選択がすべて解除されます。
・全ての規制カードを表示したい場合はゼロ文明外の5文明を選択します。

3色以下の統率者では禁止カードは全体の半分以下しか表示されないので、使っていると意外と少ないことが実感できます。
デッキ構築の煩わしさの解消のために、リストを減らすことや、こういったツールの検討は両輪で進めていこうと思います。

以上、よろしくお願いします。


カテゴリ:DMEDH, お知らせ
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説

【DMEDH】規制リスト更新:2018/11/18

DMEDHにおいて、以下の変更を行いました。
18/11/18
《エクス・リボルバー・ドラゴン》を禁止カードに
《最高学府 インテリエイル》を禁止カードから2色以上で禁止に
《追憶人形ラビリピト》4色以上で禁止から3色以上で禁止に
《蒼き団長 ドギラゴン剣》を4色以上で禁止に
《偽りの王 ヴィルヘルム》を禁止カードから4色以上で禁止に
《時の秘術師 ミラクルスター》《暴龍事変 ガイグレン》《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》を禁止カードから無制限に
《ワルスラ・プリンスS》を2色以上で禁止から無制限に
《スナフ・マッシュルーム》《神々の地 ディオニソス》《獅子王の遺跡》を3色以上で禁止から無制限に
《天罪堕将 アルカクラウン》《ロスト・ソウル》《剛撃古龍 テラネスク》を4色以上で禁止から無制限に

DMEDHのルールはこちら

■基本理念(mtg-commanderより引用)

統率者戦は社交的な関係を目指してデザインされたものです。

このルールは、社会的常識、いわゆる紳士協定の上に成り立っています。プレイヤーによる非紳士的行為(過激な行動をとったり、ただの“むかつく”輩に成り下がったりすること)は、一切許容されません。より良き統率者戦コミュニティのためには、非社交的人物とはプレイしないことが最も手っ取り早い方法です。

しかし、プレイヤーによって、フェアプレイ、あるいは楽しいゲームという物には様々な意見があります。ここでの推奨禁止リストは、プレイヤーがより良き社交的経験を得るためのガイドとして、調整を続けているものです。ローカルルールや“フェアプレイ”規定は、それが地元を盛り上げるためなら常に推奨されています。


カテゴリ:DMEDH, お知らせ
カテゴリ:DMEDH, ノウハウ共有, 変種ルール
カテゴリ:DMEDH, デッキ解説