メルキス のすべての投稿

DM版統率者戦「DMEDH」を始めとした変種ルールの研究や、CSイベントカバレージライターを務めています。

人口と権利数から見る店舗予選(全国大会2017)

IMG_3903

メルキスです。
最近は変種ルール館の方でDMEDHをはじめとした変種ルールの記事を書いているため、本館だとお久しぶりですね。
明日から全国大会2017の後半の店舗予選が始まります。
今年の権利戦の集計はどうなっているのでしょうか?

関連記事:人口と権利数から見る店舗予選(2016.革命ファイナルカップ・合計)
関連記事:人口と権利数から見る店舗予選(2015.デュエルマ☆スターカップ)
関連記事:人口と権利数から見る店舗予選(2014.デュエマ甲子園)

続きを読む


カテゴリ:統計

人口と権利数から見る店舗予選(2016.革命ファイナルカップ・合計)

IMG_3903

今日から革命ファイナルカップのエリア代表決定戦が始まりましたね。
少し遅いですが、店舗予選での権利数の集計です。
8月と10月の2期に分かれていた店舗予選の合計となっています。

関連記事:人口と権利数から見る店舗予選(2015.デュエルマ☆スターカップ)

続きを読む


カテゴリ:統計

人口と権利数から見る店舗予選(2016.革命ファイナルカップ・前半)

IMG_3903

今週から革命ファイナルカップの店舗予選が始まりましたね。
今年も権利数と各県の人口から店舗予選を見てみます。
今年は予選の期間が8月と10月と2回に分かれており、その前半の8月分を集計しました。

関連記事:人口と権利数から見る店舗予選(2015.デュエルマ☆スターカップ)

続きを読む


カテゴリ:統計

人口と権利数から見る店舗予選(2015.デュエルマ☆スターカップ)

IMG_3903

お久しぶりです。メルキスです。
最近は寄稿されているゲスト記事を添削したりすることが多かったですが、そろそろ自分の記事も書かねばと思います。
いよいよ明日からデュエルマ☆スターカップの店舗予選が始まりますね。
今年も店舗予選開催数、つまり権利数と各県の人口から店舗予選を見てみます。

関連記事:人口と権利数から見る店舗予選(2014.エュエマ甲子園)

続きを読む


カテゴリ:統計

【海外版】デュエルマスターズ・プロモーションカードコレクション

かつてDMは海外で英語版のカードが12弾まで発売されていました。
レギュラーパックのカードは《サイバー・ブレイン》が《ネオ・ブレイン》に変わっていたり、《呪紋の化身》のイラストと効果が変わっていたりと細かな違いこそあるものの、大まかな収録カードやレアリティは日本語版と違いはありません。

しかし日本語版と英語版で大きく違うものに、プロモーションカードのラインナップがあります。
配布されているカードの種類もレアリティも別物となっており、特に英語版プロモにはホイル加工に加え箔押し加工がしてあるものが数多く存在します。
日版では《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などの一部のWINNER版カードにのみされている豪華な仕様で、非常に美しいです。

そんな英語版のプロモカードですが、英語版wikiaに記載されているカードのほぼすべてを集めることが出来ました!
写真で実物のよさを伝えられるのか少し不安ですが、今回はコレクションとその解説の記事になります。

■Event Promos
■Tournament Promos
■JDC League Promos
■Sempai Legends Atari Promos
■D-MAX Reward
■Starter Deck Promos
■Shadowclash Collector Tin
■Kellogg’s Promos
■Duel Masters Comic Promo Cards
■German Panini Promos

続きを読む


カテゴリ:海外版
カテゴリ:カード特集

【海外版】Tatsurionで振り返るKaijudo

Tatsurion

アメリカでは現在のDMと同じデザインの英語版が2004年から発売され、その時のキャッチフレーズは「怪獣道」でした。
しかし北米版DMは2007年を最後に販売を終了し、生産されたのは12弾まででした。
日本でのイベントでは使えないものの、英語版限定のカードやプロモ版が存在しており、今でも筆者を含む一部のコレクターに人気だったりします。

それから5年後の2012年、従来のDMとの互換性のない新しいDMとして「Kaijudo: Rise of the Duel Masters」が発売されました。
残念ながらkaijudoの展開も2014年に打ち切られてしまいましたが、それまでに多くのカードが登場し、DMプレイヤーとして興味深いものです。

DMにはないKaijudoの特徴として、フォーマットに全てのカードが使える「オープン構築」の他に、最新の2ブロックのカードしか使うことができない「スタンダード構築」と、
未開封パックを開けてピックすることでデッキを構築する「ブースター・ドラフト」の2つのMTGのフォーマットが採用されている点があります。
タカラトミーが販売しているDMと違い、WOtCが直接開発・販売をしているためか、カードセット等にも随所にMTGを思い起こさせる要素があります。

発売されたkaijudoの各カードセットを、主人公Raidenの相棒であるボブこと《Tatsurion》とその派生カード15枚と共に見ていきましょう。

■First Editionブロック
■Rise of the Duel Mastersブロック
■Clash of the Duel Mastersブロック
■Quest for the Gauntletブロック
■プロモーションカード

 

続きを読む


カテゴリ:海外版

2つのスーパーVデッキでDS限定赤単デッキを組んでみよう!

 燃えよ龍剣 ガイアール利の将龍剣ガイオウバーン

DS限定構築戦の公式大会であるデュエマ甲子園のエリア代表予選、その初日である四国大会がいよいよ明日に迫ってまいりました。

今回のDS限定構築はカードプールの確定が比較的遅く、先発のエリアのプレイヤーはデッキを構築するのも、カードを集めるのも大変だったかと思われます。

そこで今回はエリア予選直前記事として、先日11/21に発売したDMD-20 「スーパーVデッキ 勝利の将龍剣ガイオウバーン」と、6/21に発売したDMD-18 「スーパーVデッキ 燃えよ龍剣 ガイアール」の2つのスーパーVデッキだけで作ったDSデッキを紹介しようと思います。

エリア予選までカードが集まりきらなかった、何を組んだらいいのかわからないという方は、今すぐこの2つのスーパーVデッキを買ってきましょう!

これからデュエルマスターズを始める方や、友達が始めたがっていてどんなデッキを勧めていいかわからないという方にもお勧めです。デュエルロードでは現在通常レギュレーションに加えてドラゴンサーガ限定構築戦も行われています。

続きを読む


カテゴリ:デッキ解説(限定)
カテゴリ:統計

【観戦記事】決勝:しょうがパン VS すぎまつ

By Melkiss

藤枝駅から歩いて5分ほど。藤枝市文化センターでそれは行われていた。
デュエルマスターズの非公認大会の中でも最大級の大会、静岡CSの決勝戦。
トーナメントが終わりへ近づくにつれて熱量を増すギャラリーとは対照的に、至って冷静な二人が対戦卓に坐した。

長い戦いだった。
ここまで来るのに、205人の物語が終わった。
最終幕、最後に残った2人はどのような物語を紡ぐのであろうか。
ただ一つの栄光をかけ、205名の屍を踏み越えた決闘者が激突する。

続きを読む


カテゴリ:カバレージ