カテゴリー別アーカイブ: メタゲーム・ブレイクダウン

【第9回DM静岡CS】メタゲーム・ブレイクダウン

 Team DM静岡CS主宰のThunders#36です。
 この度は第9回DM静岡CSに非常に大勢の選手にお集まり頂きまして、改めましてありがとうございました。個人戦248名、団体戦300名の合計548名というのは過去最大動員数となり、今までで一番の盛り上がりを見せたのではないかと思います。

 今回もそんな大勢の選手が、優勝の座を懸けて争い合った2日間のフィールドを解析します。2017年2月26日に施行された新殿堂と、その日に東京で開催された日本一決定戦の結果を受け、3月4日と5日の藤枝市文化センターのメタゲームはどう構築されたのでしょうか。一緒にデッキリストの海原へ潜ってみましょう。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

【第9回DM藤枝CC】メタゲーム・ブレイクダウン

写真 2017-01-15 16 07 10

 RevF限定構築戦によるエリア代表決定戦の開催、革命ファイナル最終章のリリース、そして冬期休暇のCSラッシュ。激動の年末年始を経て、トーナメントシーンはいつにも増した速さでその姿を変貌させて参りました。

 1月15日(日)、藤枝市文化センターも2017年の開幕戦を迎えました。
 県下では滅多にない降雪の中、会場には定員を上回る選手が駆けつけて下さり、暖房が要らない程の熱気と気迫が立ち込めていたことが強く印象に残っています。
 今回は、そんな第9回DM藤枝CCのメタゲームを解析したいと思います。新CSプロモと第9回DM静岡CSのByeを懸け、選手達はどのようなデッキを選択したのでしょうか。 続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

【第8回DM藤枝CC】RevF・メタゲームブレイクダウン

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-10-48-30 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-10-48-34

◆関連記事:【第8回DM藤枝CC】RevF限定戦上位デッキ紹介

 

 遂に年に一度のブロック構築戦シーズンが幕を開けました。
 開幕戦である中国・四国エリア代表決定戦で「黒赤緑t白青バスター」と「白青ミラダンテXII」が優勝。特に後者の構築が話題を呼び、元々最高の評価を得ていた「バスター」と共に一躍メタゲームの一角に躍り出ましたね。

 今回解析する第8回DM藤枝CCは、この開幕戦の翌日に開催された大会です。開幕戦の情報が出回ってから、第1部のデッキリストの提出まではたったの12時間余り。
 この日へ向けた試行錯誤と、直前で得た情報をもとに、選手たちは一体どのような構築をビルディングしてきたのでしょうか。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

【第6回DM藤枝CC】メタゲーム・ブレイクダウン

ctke2bfviaasgb7

 新殿堂レギュレーションの施行、そして待望の新エキスパンション「革命ファイナル 第2章 世界は0だ!! ブラックアウト!!」が発売。
 目玉である3種のレジェンドレア《禁断機関 VV-8》《ZEROの侵略 ブラックアウト》《時の法皇 ミラダンテXII》をはじめ、殿堂レギュレーションとブロック構築戦の両方で即戦力となるであろうカードが多くリリースされ、選手たちはこれまでと違う新しい舞台へ繰り出すことを余儀なくされました。

 この第6回DM藤枝CCより一足早く開催されたDMGP3rdでは、早速新エキスパンション組が大活躍。リリース間もない舞台での活躍っぷりには驚かされるばかりでした。
 1週間経った藤枝の舞台は、あの神戸での激闘を観て、どう影響を受けたのでしょうか。一緒に振り返ってみましょう。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

【DMGP3rd】DMGP3rd直前特集!環境分析

card100036676_1

 

 

 

 

 

 

 

 

GP3rdの開催まで残り僅かになりました!
参加される皆様、デッキの調整は進んでいますか?!

GP3rdは殿堂レギュレーションの改定及びDMR-22「世界は0だ!!ブラックアウト!!」のリリースから僅か2日という非常に短い期間で開催されるため、新弾のカードを使用したデッキ構築の研究はあまり進んでいないということが予想されます。

したがって今回の記事では、新弾リリース前から現在のメタゲーム環境をおさらいすることで、GP3rdのメタゲーム環境分析に繋げていきます。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

[第5回DM藤枝CC]メタゲーム・ブレイクダウン

2016.07.xdw

 DMR21「ハムカツ団とドギラゴン剣」リリース後、殿堂フォーマットの玉座を巡る勢力図はめまぐるしく変化を続けました。
 目玉であるレインボーレジェンドカード《蒼き団長 ドギラゴン剣》《百族の長 プチョヘンザ》が一気にシェアを獲得し、かと思えば「ヘブンズ」や「サソリス」といった前年からの猛者達がそれらの進撃に待ったを掛ける。
 そんな攻防が続く中にDMX21「奥義伝授!! デッキLv.マックスパック」が放たれ、さあ勢力図にどんな変化が起こるかと期待が集まる2016年7月。今回は、その渦中に開催されました「第5回DM藤枝CC」の勢力分布を解析しようと思います。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

【DM古代史】公式大会風雲録(前編)

お久しぶりです。以前昔のプロモーション・カードについての記事を投稿させていただいたMAKIです。

【DM昔話】プロモーション・カード列伝(初期)

 

前回のプロモ記事の末にて、機会があれば昔の公式大会の事を・・・と触れました。今回、機会を頂けたので再び記憶を辿りながら昔のことを書いた次第です。

CS文化が活発になった今でも公式大会は大きな楽しみの一つ。独特の雰囲気や全国大会への切符が掛かっていると大会は空気が違いますね。

人に聞いた話も混ぜながら、全ての公式大会を振り返ろうと思います。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

【DMGP2nd】DMGP2nd直前特集!環境分析

df1d0897afb04c4dc05eacbe24c6a312_s

 

 

 

 

 

 

 

現環境の特徴は、非常にデッキの種類が多い事。

キリコかMか….という時代を経験した筆者は、強力なデッキタイプの多さに驚くばかり。そんなDMGP2nd直前の現環境、全ての環境デッキを自分の手足のように使いこなし、全ての環境デッキ相手と十分な練習が出来ている、という人は少数派だろう。

むしろ

・お気に入りのデッキはあるけど、◯◯はあまりわからない…..
・普段ほとんど大会に出ていないけれど、GPはお祭りみたいで楽しそうだし記念に出てみようかな….
・今回は出場しないけれど中継は見ようかな….でも最近のデッキよくわかんないな….

という人が多数派ではないか?
そういった方に向けて、筆者なりに最近のCSで流行りのデッキタイプを紹介しつつ環境分析を行う。

 

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

[第7回DM静岡CS&第2回ピノキオ杯]メタゲーム・ブレイクダウン

IMG_8999

2016.02.28より施行される新殿堂レギュレーションが発表。
《奇跡の精霊ミルザム》や《極魔王殿ウェルカム・ヘル》を無制限で使用出来る舞台は、残り僅かとなりました。

今回はそのうちのひとつとなった、第7回DM静岡CS並びに第2回ピノキオ杯に参加した選手達が持ちよったデッキ達をご紹介。
毎回様々なアーキタイプが入り乱れる静岡のフィールドですが、この日は一体どのような姿で選手達を待ち受けていたのでしょうか。

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン

[第2回DM藤枝CC/Revトーナメント]メタゲーム・ブレイクダン

unnamed

2015年9月27日(日)、第2回DM藤枝チャレンジカップを開催致しました。
殿堂レギュレーション(=通常構築)とRev構築戦のトーナメントを1つずつ行ない、どちらも殆ど定員満杯の選手にお集まり頂くことが出来ました。ありがとうございました!

今回はそのトーナメントのうち、全国初のRev構築戦でのイベントとなりました「Revトーナメント」をピックアップ。
まっさらな「Rev」というフィールドに繰り出すにあたり、一体選手たちはどのようなデッキを選んで来たのでしょうか。
Rev構築戦のスタートラインを、一緒に振り返ってみましょう。

 

続きを読む


カテゴリ:メタゲーム・ブレイクダウン