カテゴリー別アーカイブ: カバレージ


カテゴリ:カバレージ

【DUEL MASTERS GRAND PRIX 2】チーム戦/ファイナル ガリガリ君 VS ♦斎藤

 

2日間にわたって開催された永きお祭り、DMGP2もいよいよこのラウンドを持って終了となる。

ここで筆者の拙い文章力を補う意味も含め、情報補完としてベスト8に挙がった8チーム24名の使用デッキ分布を紹介、考察を挟みたいと思う。
続きを読む


カテゴリ:カバレージ

【DUEL MASTERS GRAND PRIX 2】チーム戦/セミファイナル ナダル vs Hrist

 

昨日の激戦が冷めやらぬ中、日々の調整や練習の成果が大きく出るであろう、チーム戦が行われた2日目。総勢84チーム計252名で競われ、局面はベスト4。数々のドラマがあったこの貴重な瞬間を出来る限り、詳しく伝えていきたいと思う。

 

続きを読む


カテゴリ:カバレージ
カテゴリ:カバレージ

【DUEL MASTERS GRAND PRIX 2】個人戦/セミファイナル けみかる vs 末永先パイ

どちらも若手の中ではやり手なプレイヤー同士の対戦。非常に見所がある、と言いたいが、正直なところ相性は最悪と言っていいだろう。はたして進化した光の猛攻に火文明のビッグマナはなす術があるのだろうか?   けみかる(光水サザンルネッサンス) VS 末永先パイ(火t自然モルト「王」) 続きを読む


カテゴリ:カバレージ
カテゴリ:カバレージ

[第4回DM静岡CS/ピノキオ杯]決勝 紗那 VS まさ

Writer:@suparku3

第4回静岡CSピノキオ杯 決勝戦
紗那(黒緑アシッド) VS まさ(シューゲイザーグレンモルト)

 

ピノキオ杯。決勝。
主催者Thunders#36は大会開始前、自身のTwitterでこう語った。

「今回はより充実したイベントになり得るべく、団体戦予選終了後に128名の個人戦を設けます。静岡まで来てくださるんだから、精一杯試合して欲しいという気持ちの表れとでも言いましょうか。高いレベルで、競技として、存分にDMを楽しんでいただけるように頑張ります(Twitterリンク)

告白しよう。筆者はCSが始まる前まで不安でしかたなかった。
全ての静岡CSに参加してもらうプレイヤー達に、競技としてのDMの楽しみを見出してもらえるのだろうか?連続開催されるトーナメントに人が集まるのだろうか?と

しかし、どうやら筆者の不安は杞憂であったようだ。

決勝の卓に座りデッキカットを行っている2人のプレイヤーの目は勝利へと貪欲に輝いていた。語らずとも勝利に飢え、競技としてのこの静岡CSを楽しんでいるのが肌で伝わってくる。泣いても笑っても最後の勝負。楽しんだ者勝ち!

続きを読む


カテゴリ:カバレージ

[第4回DM静岡CS/団体戦]決勝戦 かみいゆ VS ライカル

Writer:@suparku3

第4回静岡CS団体戦 決勝戦
かみいゆ(闇単ハンデス) VS ライカル(白刃鬼)

 

カバレージは物語だ。で、あるならばカバレージライターはきっとその物語の語り部だ。

早いもので静岡CSもついに4回目となった。
第1回~第4回を通し静岡CSは大きな「変化」を「進化」を遂げてきた。
いまこの瞬間。これから行われる決勝戦はその大きな波の最先端だと言ってもいい。

目の前には緊張した選手それぞれの顔が並んでいる。
ここから語られるべき物語がある。
中央のフューチャーテーブルには30人は悠々と超えてしまうであろうギャラリーが取り囲んでおり、決勝戦前のビリビリとした緊張感に支配されていた。

ここが「第4回DM静岡CS」という名の物語の終わり。そして始まりなのだ。
いまこそ、その物語を語ろう。

続きを読む


カテゴリ:カバレージ

[第4回DM静岡CS/団体戦]準決勝 えすふん VS チョイヤ

Writer:@suparku3

第4回静岡CS団体戦 準決勝
えすふん(呪印グレンモルト) VS チョイヤ(青黒緑コントロール)

 

静岡で有名なものと言えばなにを思い浮かべるだろうか?唐突にそう聞かれた時、おそらくきっと10人に10人がこう答えるであろう。そう、さわやか・・・ではなく「富士山」と。

そんな富士山の麓で行われている第4回静岡CS団体戦も、残すところあと4チーム。遥か遠くおぼろげに見えていたはずの「頂」も、しっかりと目視できるところまで来ていた。

頂。頂点に君臨するこの大会の「無敗の頂」として
高みとして。ゼニスとして。その、頂点に立つことを許されるのはいったいどのチームになるのだろう?

続きを読む


カテゴリ:カバレージ

[第4回DM静岡CS/団体戦]決勝ラウンド2回戦 絶影 VS PON

Writer:@suparku3

第4回静岡CS団体戦 決勝トーナメント2回戦
絶影(速攻/赤) VS PON(超次元グレンモルト/黒赤緑)

 

突然ではあるが、貴方は「勝って兜の緒を締めよ※」ということわざを知っているだろうか?

長きに渡る戦い。いや激闘の末、遂にベスト8が出揃った。遥か遠くに見えた団体戦王者の椅子も残り僅かに3回の対戦で決まる。しかし、この場で気を緩めている選手は誰ひとりとしていないだろう。勝ち残ったチーム同士の対戦。これまでよりもさらに過酷な対戦になる。ここから先は生半可な気持ちでは勝つことはできない。

勝って兜の緒を締めよ

1ドロー、1プレイが勝負を分ける。そんな血で血を洗うような緊張感のある勝負をお届けしよう! 心の準備はよいだろうか?・・・よし。それでは、いこう!

続きを読む


カテゴリ:カバレージ